お金

【無駄遣いやめたい】無駄遣いをやめれる3つの心理学とは!?

お金が出ていく

あなたは「無駄遣い」がやめれなくて悩んでませんか?

  • 「安いとつい買いたくなっちゃう」
  • 「新製品に弱い」
  • 「セールに弱い」

お店に並んでる商品が安かったり、
目新しいものがあるとつい財布の紐が緩くなっちゃいますよね^^

ですが、それはあなたが悪いわけではありません。

あなたに無駄遣いさせるように
お店がある心理的な仕掛けをしてるからです。

そこで今回は、
無駄遣いを辞めたいあなたのためにその仕掛けを暴露っちゃいます^^

この秘密を知ってるか知らないかで
あなたのお財布事情は大きく変わります

無駄遣いをやめるために知っておきたい心理学3選!

OKする女性

その1.2度と手に入らないと思うと欲しくなる!希少性の原理

人には希少性のあるものを欲しがる心理があります

それを逆手にとって、
ビジネスに使われてるんですよ。

「この商品あと3個までです!」
「これを逃すと2度と手に入りません」
「限定10個まで!」

こういった広告や店員さんのアナウンス聞いたことありませんか?

あの言葉につられてついつい
たいして欲しくもないものを買ってしまう…

誰もが経験することです。

 

そういった事態を避けるためにも、

常にこの商品は本当に必要なのかを考えるのが大事です

 

例えば、

洋服なんかがそうですよね。

ついつい安くて可愛らしい服が売っていてたとしましょう。

しかもそれが数量限定だった時焦って買ってしまうのではなく、
一度立ち止まってゆっくり考えましょう

「本当にこれ私着る?」
「よく見たらあんまおしゃれじゃないな…」

冷静に考えると、
自分に本当に必要かどうか判断できますからね。

これを意識してるかしてないかで大分無駄遣いは減るはずです。

その2.みんなが認めてるものは欲しくなる!社会的証明の原理

社会的証明とは、

みんなが認めてるものはいいと思ってしまう心理のことです。

例えば、

「全米が泣いた!」
「300万個突破!」
「日本中で売れてます」

こういった広告街中でよく見ないですか?

これもみんなこんなに絶賛してるんだから、
いい商品なんだろうと思わせてるんですよ。

もちろんいい商品である可能性は高いんですけど、

中にはさくらとかを使って
無理やり評価を上げてたりもします

つまり、正直微妙な商品をつかまされる可能性もあるわけです。

 

僕も店の中を歩いているとたまに思うんですが、

「これ本当に売れてるの?」

と感じる時があるんですよね。

 

特に服とか靴とかファッション系の商品を
見てみると正直微妙じゃね?

と思ってしまうんですよ。

ファッションって客観的には判断しにくいので
見分けるのが難しいんですよね〜。

 

なので、本当にこれは自分が欲しい商品なのかじっくり考えましょう。

その3.権威に人は盲目的にしたがってしまう

白衣の男性

権威はすごくわかりやすいです。

「東大卒が進める勉強法!」
「現役歯科医が絶賛する歯磨き粉!」
「あの芸能人が使ってる化粧品!」

のように、

権威のある人の力を借りるとすごそうに思えちゃうんですよ

東大生ならみんな頭良くて勉強できそうだから、
この人の勉強法は間違いない!

とみんな考えちゃいますよね〜。

他にも医者のいうことだから間違いないと思ったり、

有名な女優さんが使ってる化粧品なら
効果ありそうだと思いますよね。

 

確かに権威のある人は、実力もある人が多いので基本的には安心できます。

ですが、だからと言って絶対に間違いないとは言い切れません。

 

どんなすごい人でも、間違えますからね。

医者だって誤診する時はあります。

だから、セカンドオピニオンという考え方もあるわけですから。

なので権威がある人のいうことを鵜呑みにするのではなく、
きちんと自分の頭で考えるのが大事です。

これでもうあなたも2度と無駄遣いしない!

  1. 「2度と手に入らないと思うと欲しくなる!希少性の原理」
  2. 「みんなが認めてるものは欲しくなる!社会的証明の原理」
  3. 「権威に人は盲目的にしたがってしまう」

このように世の中にはあなたを
無駄遣いさせる仕掛けがたくさんあります。

この仕掛けにホイホイ引っかかってしまうと
あなたのお財布事情は悲しくなります。

諭吉さんどこいったの?

樋口さんは?

あれ?野口さんもいない…

そうならないように、十分に気をつけましょう!

本当に意識してるだけでも大分違いますからね。

-お金

Copyright© 主婦でもできる.com , 2020 All Rights Reserved.