家事 料理

【キウイの保存方法は?】美味しく食べられる期間と3つの保存方法

2020年4月16日

いろいろな果物

栄養も豊富で、食物繊維もとれるキウイ。

朝のデザートや、ちょっとしたおやつに最適ですよね。

よく食べるから、たくさん買ってきてしまった!

でも、どれぐらい保存できるの?

そもそもどうやって保存したらいいの?

と思うこともありますよね。

 

キウイの保存期間は、熟れ度合いによって変わってきます

また、それに応じて保存方法も変わっていくのです。

今回は、

  • キウイの保存期間ってどれぐらい?
  • 保存方法はどんなものがあるの?
  • 切ったキウイは、どうやって保存するべき?

こんな疑問に答えていきます!

この記事を読めば、いつでも美味しいキウイを
食べられるようになりますよ。

キウイの保存期間はどのくらい?熟れ度合いに合わせた保存方法は?

キウイ

キウイの保存期間は、熟れ度合いによって変わってきます

季節や気候・温度によって変わってきますが、
基本的にはこのような感じです。

  • 未熟なものは、1か月〜2か月ほど
  • 少し熟れたもので、1週間ほど
  • 完熟したものはすぐ食べるか、食べない場合は冷蔵庫で1週間ほど

キウイって食べごろになるまで1か月もかかるんですね。

驚きです。

とはいえ、夏場など気温が高いときは早くに熟れます。

 

そもそも、完熟したのか見分け方がわからない!

そんなあなたでも、簡単にわかる方法がありますよ。

 

キウイに縦に持って、指で上下をそっと押す

これだけ!

少しへこむようであれば、食べごろです

あまり強く押しすぎないように注意してくださいね。

キウイが傷んでしまいますから…

 

次に保存する方法を、種類別にご紹介します。

その1.キウイを常温で保存する

固くて未熟なものは常温保存で大丈夫です。

そのまま室内に置いておき、食べごろになるまで待ちましょう。

 

夏や部屋の温度が高いと、すぐく熟れて食べごろになりますよ。

私は、「気がついたらもう食べごろだった!」

なんてことが結構ありますよ。

 

逆に冬だと、なかなか熟れてくれません。

早く食べたいときは、
リンゴやバナナと一緒にビニール袋の中へ入れます

リンゴなどが出す「エチレンガス」が早く熟してくれるんです。

その2.キウイを冷蔵庫で保存する

食べごろになったものや、少し熟れるのを遅らせたい。

そんなときは、冷蔵庫で保管をおすすめします。

 

冷蔵庫には、ビニール袋へ入れて野菜室かチルド室で保管しましょう

食べごろのものは、1週間ほど冷蔵保存できます

とはいえ、できるだけ早めに食べてくださいね。

その3.キウイを冷凍庫で保存する

キウイをそのまま冷凍するか、カットして冷凍する方法があります

そのまま保存したときは、
食べるとき半解凍するとシャーベットみたいになって美味しいですよ。

 

また、細かくカットして冷凍するのもおすすめです。

食べるときは、そのままヨーグルトなどのトッピングに使えます。

保存期間は1か月ほど

大量にキウイを買ってきた、もらったときは冷凍保存がおススメです!

キウイの保存方法、切ったキウイはどうすればいい?

キウイ

私はよく、子どものおやつに半分だけキウイを使うときがあります。

でも、私自身はお腹も空いてないし、食べたくない。

半分に切ったキウイが残ってしまった。

あなたもこんなことありませんか?

 

一度切ってしまったキウイは、どうしたらいいのか?

保存方法に迷いますよね。

そもそも、切ったまま保存して大丈夫なのか?と思うでしょう。

 

残ったキウイは、そのまま保存しても大丈夫です

ポイントは、切り口を空気に触れないように注意すること

切り口をしっかりとラップで包んで、保存容器か保存袋に入れます。

そして、冷蔵庫で保存しましょう。

遅くても、翌日中には食べ切ってくださいね。

まとめ:正しく保存して、美味しいキウイを

お手ごろで、ささっと食べられるキウイ。

栄養も豊富なので、積極的に食べたいですよね。

キウイの保存方法がわかれば、
一度にたくさん買ってきても、もう困りません!

  • キウイは熟れ度合いによって、保存期間が変わってくる
  • 熟れ度合いで保存方法も変わってくる
  • 切って残ったキウイも、空気に触れないように注意すれば、翌日まで保存ができる

この3点をおさえるだけで、
いつでも美味しいキウイを食べることができますよ!

-家事, 料理

Copyright© 主婦でもできる.com , 2020 All Rights Reserved.