お金

【食費の管理方法】苦手意識のあるあなたでもできる簡単な食費管理方法

お金

あなたは「食費の管理」で悩んでいませんか?

  • 「毎月の食費がいつもかかり過ぎる…」
  • 「なかなか食費を節約することができない」
  • 「本当はもっと節約して貯金したいのにな…」

食費ってやり方次第で大きく節約できる部分です。

ですが、食費を削るのって以外に難しいですよね。

そこで今回はそんなあなたのために
簡単に食費を管理できる方法をお話しします。

結論から言うと、

封筒を3つに分けて10日ごとに管理する方法です

とても簡単にできるので是非試してみてくださいね!

食費を簡単に管理して貯金を増やす方法3選

その1.食費を3つの封筒に分けて10日ずつ管理する

食費を3つの封筒に分けて10日ずつ管理するのがオススメです

具体的に言うと、

10日 10日 10日
3万 3万 3万

こんな感じで毎月の食費を3等分するのです。

金額はあなたにお任せしますが、
大体2〜3万はかかるかと思います。

やっぱり1ヶ月まとめて食費を
管理しようとすると頭がこんがらがっちゃいます。

でも、10日ずつの短いスパンなら管理しやすいですよ。

 

さらにこうやってきちんと数値化することで、
節約意識も高まるので無駄な買い物が減ります。

ついついおいしそうな新商品に目がくらんで
余計なものを買ってしまうケース多いですからね。

10日で3万しか使わないと決めたら
自動的にあなたの頭でブレーキがかかります。

お金ってあればあるだけ使ってしまうので、
最初から使える金額を決めるのはやっぱり大事です。

その2.10日ごとにかかった食費を必ず記録する

家計簿をつける

10日ごとにかかった食費は必ず記録しておきましょう

記録しておくことであなたがいくら使ったか一目でわかりますし、
他の月と比較してどれくらい節約できたかわかります。

記録がたまっていくと
どんどん節約できた金額が増えていくので楽しいですよ^^

最初は、5000円しか節約できなかったのが
いつの間にか1万円節約できたとなれば気分もウキウキになります。

まるでテストの点数が30点だったのが、
60点、70点と徐々に上がっていく感じです。

 

最初は細かいことは気にせずに
いくら使ったかだけでもいいのでノートなどに書き込みましょう。

それかスマホのメモアプリとかに記録するでもいいです。

僕はエバノートっていうアプリ使ってるんですが
無料な上、使いやすくてオススメです。

パソコンからでも編集できるので
あとできれいにまとめることもできますからね。

さらに、プリンターもあれば紙に印刷できるのでより管理もしやすくなります。

その3.余ったお金はできる限り貯金する

貯金箱

余ったお金はできる限り貯金しましょう

お金って必要になってから慌てて用意しても遅くて、
常日頃から備えておくのが大事ですからね。

1ヶ月1万の貯金でも、1年で12万円、

10年で120万ですからね。

割とバカにできません。

 

最低でも半年〜1年働かなくても
生きていけるだけ貯金しておけば、安心感は段違いですよ。

とりあえずそれだけ貯金してから
娯楽品とかにお金を使うのがオススメです。

 

僕も貯金は苦手でしたが、
工夫しまくったら300万くらいは貯めることができました。

300万あればとりあえず一安心なので、できる限り貯金はしましょう。

食費は本当に頑張った分だけ節約できるので、
あなたもトライしてみてくださいね!

食費を月1万でも節約できたらあなたの家庭の貯金が120万増える!

  1. 「食費を3つの封筒に分けて10日ずつ管理する」
  2. 「10日ごとにかかった食費を必ず記録する」
  3. 「余ったお金はできる限り貯金する」

お金って本当に必要な時に用意しようとしても難しいです。

そうなれば、最悪借入とかもしなければいけなくなるので
今のうちから貯めておいたほうがいいです。

お金を節約するのはお金を稼ぐより、はるかに簡単ですからね。

しっかりと食費を管理して、貯金を増やしちゃったください!

-お金

Copyright© 主婦でもできる.com , 2020 All Rights Reserved.