メンタル

【毎日しんどい】主婦のあなたが短時間で疲れをとるためにやるべき3つのこと

頬杖をつく女性

あなたは家事や育児で「疲れてしんどい」と悩んでませんか?

  • 「家事や育児で疲れた」
  • 「たまには息抜きしたい」
  • 「でもあまり時間がない」

あなたは、本当はゆっくり休みたいけど
なかなかそんな時間がないと思います。

そこで今回の記事はなるべく
時間や手間を
かけずに疲れをとる方法をご紹介します。

疲れをため続けると精神的にも
不安定になってしまうので、是非ご参考にしてみてください。

忙しいあなたでもできる短時間で疲れが取れる3の方法

仮眠をとる女性

その1.体を温めて血行をよくすれば疲れがとれやすくなる

体を温めると血行がよくなり疲れがとれやすくなります

そもそも体が疲れる原因って
血行が悪くなるからなんですよね。

なのでポッカポカに体を温かくすると
元気復活するわけです!

 

特に女性の場合は体が冷えやすいので
しっかりと温めてくださいね。

効率的に体を温めるには、
首、腹、ひざを重点的に温めましょう。

  • 首はネックウォーマー
  • 腹は腹巻
  • ひざはひざかけ

これら3つのアイテムを使えば
かなり体は温かくなります。

 

特にネックウォーマーや腹巻は、
家の中でもつけっぱなしにできるので楽チンですよ〜♩

冬になればこたつやストーブで暖をとれますが、
春や秋などの微妙な季節は難しいですからね。

それになるべく体の内側から
温かくしていった方が効率がいいです。

その2.15分仮眠をとるだけで脳の疲れが回復する

15分でいいので仮眠をとると脳がすごく回復します

「たった15分で疲れとれるわけないじゃない?」

とあなたは思うかもしれませんね。

 

ですがこれは誰もが経験したと思うんですが、
学校の授業中にうとうとして眠ってしまったことありませんか?

それでよく先生に怒られたり起こされたり
したことがあると思うんですよ。

でも途中で起こされても、結構疲れがとれるんですよね。

なので短時間の睡眠でも割とスッキリするんですよ。

 

ですが、横になってしまうと
そのまま本眠に入ってしまうので
座りながらゆっくり目をつむりましょう。

目をつむって心を無にすれば
だいぶ脳の疲れも撮れるはずです。

まるで仏教でいう瞑想みたいな感じですね^^

忙しくても15分くらいなら
休めると思いますので是非試してみてください。

その3.肉などのタンパク質をとると心がリラックスする

からあげ

タンパク質をとると精神がリラックスしやすくなります

これはタンパク質を食べると
セロトニンという脳内物質が出るからです。

セロトニンは心をリラックスしてくれる作用があるんですよ。

精神が疲れていると体も疲れてしまいます。

なので体の疲れをとるのも大事ですが、
心の疲れもしっかりとりましょう♩

 

お肉でも、魚でも、豆腐でもいろんなものに
タンパク質は入っているので
あなたの好きなものを食べてください。

 

よくスイーツとか甘いもので疲れを
とろうとする人がいますが、
糖質をとると余計に疲れます。

瞬間的には疲れがとれた気がしますが、
しばらくすると食べる前よりも疲れるんですよね。

 

栄養ドリンクとかの類も同じように瞬間的にしか
効果ないのであまり飲まない方がいいです。

 

鶏肉なら値段も安いですし、
カロリーも低いですし、美味しいです。

なのでスーパーで鶏肉を買って食べてもいいでしょう。

唐揚げでも、そのまま焼いても、
蒸しても何でも美味しいですからね♩

疲れをスッキリとればあなたはとてもリフレッシュできる!

  1. 「体を温めて血行をよくすれば疲れがとれやすくなる」
  2. 「15分仮眠をとるだけで脳の疲れが回復する」
  3. 「肉などのタンパク質をとると心がリラックスする」

疲れがたまりすぎると何もやる気が起きなくなりますし、
精神的に不安定にもなってしまいます。

そうなると体調を崩したり、鬱っぽくなってしまうので
しっかりとケアしていきましょう!

短時間でもしっかり休めば疲れは結構とれますよ。

-メンタル

Copyright© 主婦でもできる.com , 2020 All Rights Reserved.